フランチャイズ加盟店として選ばれる理由

低コストで始められ、安定した収益を得られる

「安定した収益を得たい」。こうした理由から、フランチャイズ加盟を検討する方も多いと思います。では、そんな中、なぜ高齢者向け配食サービスを展開する「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」がフランチャイズ加盟店として選ばれるのでしょうか。

ここでは、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」にフランチャイズ加盟すると安定した収益が得られる理由のほかに、事業を低コストで始められて早期の黒字化を目指せる理由をご紹介します。また、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」で取り扱う食材が、どのように店舗まで届けられるかについてもご説明。「ほかの配食サービス事業者との違い」を知る際の参考にしていただければ幸いです。

低コストで始められ、安定した収益を得られる

急速成長する高齢者市場だから収益が安定

日本では、年々高齢化が加速しています。2040年に頃には人口の3分の1が65歳以上の高齢者になると想定されており、そうした高齢者の方に向けた配食サービスの需要は年々高まることが予想されています。

また、これまで市町村が実施していた公的配食サービスも年々減少傾向にあります。こうした高齢者への配食をめぐる環境の変化は、これから配食ビジネスを始める方にとって大きな追い風になるでしょう。

配食サービスを始めるにあたり、「食材の廃棄コストが心配……」という方もいるのではないでしょうか。「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」は配達数が発注前に確定している受注生産型。そのため、食材費や盛り付けの人件費などに無駄なコストが発生しないというメリットがあります。

さらに、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」を運営する株式会社シルバーライフの代表は店長としての経験があり、配食サービスを展開するのに必要な現場レベルのノウハウを把握しています。代表自らが「現場出身」ということは、これから店舗経営を始めるオーナー様にとっても心強いでしょう。

高齢者向け配食ビジネスについて

無駄な初期費用を徹底削減し低コストを実現

無駄な初期費用を徹底削減し低コストを実現

「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」では、お弁当の盛り付けなどに必要な厨房機器に中古品を導入することで、開業に至る資金を抑えます。
※別途物件取得費がかかります。

フランチャイズ事業を始めると「開業費用が高くてなかなか黒字化できない」「本部へのロイヤリティが高い」といった声が聞かれることもありますが、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」の場合そうした懸念を最小限に抑えられます。

開業の仕組みについて

配食フランチャイズ本部では国内唯一の自社工場保有

配食フランチャイズ本部として自社工場保有

高齢者に栄養価の高いお弁当をお届けするため、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」は群馬県に自社工場を保有。2013年の8月から稼働しているこの工場では、原材料を仕入れ、フランチャイズ加盟店や高齢者施設に届ける普通食を生産しています。

このように、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」を運営するシルバーライフは、商品力を向上させるための継続投資を実施。配食フランチャイズ本部として、株式会社シルバーライフは国内に自社工場を保有しています。

商品の魅力について