よくある質問

「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」へのよくある質問

「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」へのフランチャイズ加盟について、よくある質問をまとめました。「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」ではどのようなメニューを展開しているか、店舗の開業にはどのくらいのスペースが必要なのかなどをご確認いただけます。実際に開業した際のイメージを描く参考にしてみてください。

「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」にはどのようなメニューがありますか?

お弁当を注文する方の食べ方に合わせ、6種類のメニューを用意しています。小食の方向けの「小町」や、一般のご高齢者様向けの「普通食」、カロリーや塩分計算が必要な方向けの「カロリー調整食」、たんぱく質の摂取計算が必要な方向けの「たんぱく調整食」などがあります。

また、食べ物を噛むのが難しい方のために、食材を刻んだりミキサーにかけたりしている方向けの「やわらか食」や、嚥下困難な方向けの「ムース食」などもご用意。このほかに、月2回の丼メニューやカレー、年に数回のイベント食などもあります。

競合が増えてきた場合の差別化についてどう考えていますか?

高齢化が進む昨今、高齢者向け配食サービス事業は右肩上がりの傾向があり、市場環境は良好と判断できます。しかし、将来的には「味」「価格」「サービス」の3点により一層注力し、同業他社との差別化を図っていく考えです。この中で、店舗数を背景にした仕入れ力の増強や管理栄養士、工場への投資、品質、営業ノウハウの向上を進めていきます。

店舗の標準的な広さはどのくらいですか?

基本的に、店舗のスペースは7~8坪です。開業時であれば6坪程度でも営業できますが、食数が増加することを考えると、作業以外のスペースも余裕をもって設けることをおすすめします。

食材や備品などはすべて本社から供給されますか?

食材や備品などは、厳正な本部基準をクリアしたものだけが本部から供給されます。

資金調達のアドバイスをしてもらうことは可能ですか?

もちろん可能です。リースの活用なども必要に応じてアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

店舗準備期間中に、どのようなサポートを受けることができますか?

物件探しの方法や開業手続きなどをサポートいたします。ほかに、営業先リストの作成や開業時の郵送DM作成など、営業面でも準備作業サポートも行います。

さらにオープン前後の5日間は、担当のスーパーバイザーが実際の店舗に朝から夕方まで滞在。試食の作成や店舗内業務、営業ロープレ研修、営業同行サポートなどを徹底指導します。

スーパーバイザーとはどのような人ですか?

オーナー様の店舗経営が軌道に乗るようサポートするのが、スーパーバイザーの役目です。このスーパーバイザーはフランチャイズご契約後に必ず決定します。全員が店長経験者であるため、現場経験が豊富なのもスーパーバイザーの特徴のひとつ。自らの経験を生かし、オーナー様の店舗経営をサポートします。

開業後にはどのようなサポートがありますか?

営業件数や営業内容、在庫管理方法のほかに、衛星チェックやスタッフの採用方法、具体的な店舗運営手法などを、シルバーライフとスーパーバイザーが一丸となり、継続的に指導します。

また、600ものフランチャイズ加盟店で日々生み出される最新ノウハウや事例を、いつでも手に入れることができます。配食サービスの現場で展開される情報をリアルタイムで入手できることは、フランチャイズにおけるメリットと言えるでしょう。