開業の仕組み

「フランチャイズ加盟でビジネスを始める」そう聞くと、「加盟金が高いんじゃないの?」「収益がなかなか上がらないのでは?」と不安に思う方もいるでしょう。確かに、一般的なフランチャイズ店舗に加盟すると、加盟金や加盟店が本部に対して支払う「ロイヤリティ」などが発生し、「開業したものの収益がなかなか黒字にならない」「手元に残るお金が少ない」といったことがあります。

ここでは、株式会社シルバーライフが運営する「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」の、初期投資を抑え事業の早期黒字化を目指せる独自のプランについて紹介します。
※別途物件取得費がかかります。厨房や工事代で150万円程度かかる場合もあります。

加盟条件・開業必要資金

「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」は、加盟金・保証金・ロイヤリティ0円でフランチャイズに加盟できる仕組み(※店舗物件取得費など別途かかります)を提供しています。また、解約時に返金が必要な保証金がなく、研修も2名まで無料で受けることができます。

ほかに、配達用バイクをレンタルしたり、中古の厨房機器を活用したりして開業コストを大幅に抑えることも可能(新品の厨房機器をそろえる場合、60~90万円前後の費用が発生します)。

このように、「まごころ弁当」と「配食のふれ愛」は開業時にかかる費用が少ないため、収益のより早い黒字化が可能なのです。

※上記の金額に店舗取得料は含まれていません。
※工事代は物件の状態によって0~150万円程度と大きく差があります。

補足

開業資金には、以下の金額が発生します。

会費(定額) 月額3万円(税別)
契約期間 5年間
標準店舗規模 7~10坪。新規出店のほか、自宅での開業、既存店舗への併設も可能。
店舗総合保険への加入